モーリス ラクロア の修理事例・評判・口コミ(2016年10月)

オーバーホール・バンド交換

モーリスラクロア 千葉県 H様

時計の概要

モーリスラクロア ( MAURICE LACROIX ) ML76 マスターピース カランドリエ レトログラード ポイントデイ 2針 スモールセコンド 手巻き
パワーリザーブ ジャンピングカレンダー  

お客様からのご要望

購入後12年、一度もオーバーホールをしておりません。2年くらい前から2分/日位進むようになり、巻き上げもかなり重くなっていました。だましながら使ってきたが、最近動かなくなってしまいました。オーバーホールをして、正常に動くようにしてほしいです。

参考までに、この型番の純正革ベルトは入手できますか?可能な場合は、金額を教えてください。

・・・お客様からはこのようなご要望を頂きました。

時計修理110番での修理

ムーブメント内部に、汚れやサビ、磁気帯がありました。そのため時計の進みや、巻き上げが重くなっていたと思われます。

内部部品の、サビ取り作業を丁寧に行い、オーバーホール、磁気抜き作業を行うことで、正常に稼働することを確認いたしました。

ご要望にございました、純正のベルトは、入手が出来ないため、同じ本革の革から、新規作成し、バックルは、元々ついていた部品を使用することで、対応させて頂きました。

防水については、3気圧防水を確認いたしましたが、日常生活レベルの防水となりますので、汗や、雨、水分にはお気をつけてご使用頂けます様おねがいいたしました。

修理代金

69,000円(税抜)(オーバーホール47,000円、ベルト新規作成22,000円)