なぜオーバーホールが必要なのか?

腕時計は精密機械で、数多くの部品が組み合わさって動いています。

時計の機械部分は、歯車やゼンマイなどの部品が常に動いているため、油が劣化すると摩耗してきます。

オイルの種類にもよりますが、およそ3~4年ごとにオーバーホール(分解掃除)を行い、 メンテナンスすることで、時計を末永く使用することができるようになります。

油切れの状態で使用し続けると、部品が摩耗し、時計の寿命が縮まります。 また、ケース内のサビや腐食などに気づかないと、さらに進行してしまいます。

そのため、不具合を早めに発見し、いつまでも調子よく使うためには、定期的なオーバーホールが必要となるのです。

定期的にオーバーホールすることで、部品の摩耗を防ぎ、精度を保ち、良いコンディションを維持することができます。

オーバーホールでは、まず時計内部の部品をすべて分解します。

そして、専用の機械に入れて洗浄し、古いオイルや汚れなどを除去します。 また、ケースやブレスなども同様に、超音波洗浄器を用いて、皮脂やホコリなどの汚れを取り除きます。

部品がすべてきれいになったら、元通り組み立てていきます。 ここでの組み立て調整作業は、千分の数ミリ単位で行う繊細な作業です。

組み立ての際には、新しいオイルを注油していきます。 数ミリしかない小さな部品の、さらに必要な部分だけにオイルを塗っていきます。

最後に1日あたりの誤差(日差)を微調整します。

機械式時計は、時計の癖や普段の使用状況などによっても誤差が異なります。 そのため、調整段階でどのように調整するかは考え方にもよりますが、 一般的には、ゼンマイが緩むと遅れ始めるため、当店ではやや早めとなるように調整しています。

クオーツ時計(電池式の時計)はオーバーホールの必要がないと思われるかもしれませんが、 クオーツであっても、すべてが電子部品でできているわけではなく、歯車などの機械部品も使われています。

そのため、メンテナンスせずに使用すると、精度が悪くなったり、電池の消耗が激しく通常より早く止まるったりするようになります。

ですから、クオーツ時計にもオーバーホールは必要です。

なお、当店では機械式時計でもクオーツ時計でも、修理対応が可能です。

サブコンテンツ

無料見積もり・お問い合わせ

無料見積もり・お問い合わせは、

無料見積もり・お問い合わせフォーム

よりお願いいたします。

このページの先頭へ