ウブロ(HUBLOT)の修理について

ウブロ(HUBLOT)の修理やオーバーホールでおこまりなら、まずは当店へご相談ください。

ウブロのような高級時計は、定期的なメンテナンスが必要です。

概ね3年から5年ごとにオーバーホール(分解掃除)することによって、時計の機能を正常に保つことができます。

ウブロの部品は入手しにくく、また高額でもありますので、摩耗や劣化が進行する前にオーバーホールを実施することで、 多額の出費を未然に防ぐことができます。

お見積もりは無料で行っていますので、お気軽にご相談ください!

ウブロ(HUBLOT)の特徴

1979年、カルロ・クロッコにより創立された時計ブランド。

会社名はフランス語で「舷窓」(船の丸窓)を表し、時計のデザインにも取り入れられています。

若いブランドだけに、従来にはなかった斬新な発想を持っており、 1980年にはそれまでには見られなったゴールドケースにラバーベルトという組み合わせの腕時計を発表しています。

2005年から「ビッグ・バン」シリーズがヒットし、現在まで人気を保っているほか、2010年には自社製ムーブメント「UNICO」を開発しました。

ウブロは、F1やFIFAワールドカップなどさまざまなスポーツ大会での公式タイムキーパーでもありました。

また、世界的なスポーツ選手や芸術家とのコラボレーションも積極的におこなっており、 アイルトン・セナ、ウサイン・ボルト、ディエゴ・マラドーナ、香川真司、蜷川実花らとのコラボレーションモデルを発表しています。