パネライ(Panerai)

パネライは、ジョヴァンニ・パネライによって1860年フィレンツェに創設されました。

当初は精密機器専門メーカーで各種計器を制作していましたが、イタリア海軍の特殊潜水部隊向けに、腕に装着できる水深計などを作ったのをきっかけに、腕時計の開発も進められるようになりました。そして、軍事用ダイバーズウォッチ「ラジオミール」が1938年に製品化されました。

パネライの腕時計の特徴はなんといってもケースが大きいことですが、当時から海中での視認性を保つために大型のケースを用いていました。

また、大型のリューズガードもパネライの大きな特徴となっています。これはリューズを衝撃から守ると共に時計の防水性能を高めるためのものです。リューズガードにリューズを押さえるレバーを取り付けることによって、リューズの密閉度が上がり、当初100m防水だった時計が、200m防水に進化しました。

1940年代には「ルミノール」を造りあげますが、戦後も各種計器のほかに軍用時計のみを制作しており、腕時計の製造は軍用に限られました。

しかし、それが故に東西冷戦が終結するとともに業績不振となり、1993年より一般向けに時計の製造・販売を開始、1997年には現リシュモングループに加わり、このころから本格的に一般向けに時計の販売が始まります。すると、大きくて厚いケースや特徴的なリューズガードなどが人気となり、大型ケースのブームを巻き起こします。

映画俳優シルヴェスター・スタローンも愛用しており、その大きさや厚さも相まって男性的なイメージがブランドの特徴となっています。

なお、現在でも精密機器メーカーとして、温度計、湿度計、気圧計なども生産しています。

パネライ(Panerai)の修理

パネライ(Panerai)の修理・オーバーホールなら時計修理110番へ!

パネライの修理やオーバーホールは、修理経験の豊富な当店へご依頼ください。

見積りのみのご依頼も歓迎いたします。同じオーバーホール内容でしたら、他店よりもお安く仕上げられますので、お気軽にご相談ください。

定期的なオーバーホールにより、部品の摩耗や損傷を防ぎ、時計を長持ちさせることができます。大切な時計ほどこまめなお手入れをお勧めいたします。

見積もりは無料で、修理方針にご納得いただいてから作業しております。

サブコンテンツ

無料見積もり・お問い合わせ

無料見積もり・お問い合わせは、

無料見積もり・お問い合わせフォーム

よりお願いいたします。

このページの先頭へ