ロンジン(LONGINES)

ロンジン(LONGINES)は1832年、オーギュスト・アガシによって設立されたスイスの時計メーカーです。

オリンピックのほか、世界的なスポーツ大会の公式時計となっていることでも知られています。

かつては、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功したチャールズ・リンドバーグをアドバイザーとし、 航空飛行時に必要な機能を有する腕時計を開発していたことから、パイロットや冒険家たちからも 信頼を寄せられています。

ロンジンのロゴは「翼の砂時計」。

現在はスウォッチ・グループ傘下となっています。

ロンジン(LONGINES)修理

ロンジン(LONGINES)の修理・オーバーホールも当店へ!

ロンジンも定期的なメンテナンスを行うことによって、時計が長持ちします。

概ね3年から5年ごとにオーバーホール(分解掃除)することによって、時計の機能を正常に保つことができます。

時計が止まってしまったり、不具合が出たりする前にお手入れすることで、大きな故障や高額な修理代を避けることができますので、 早めのお手入れが望ましいです。

当店では時計修理の経験豊富な技術者が、責任もって修理・オーバーホールを行います!

サブコンテンツ

無料見積もり・お問い合わせ

無料見積もり・お問い合わせは、

無料見積もり・お問い合わせフォーム

よりお願いいたします。

このページの先頭へ